俺は小学生低学年の時にピアノを買ってもらったことがきっかけで、ピアノを習うことになりました。
最初はことがわからないままにピアノスクールに通っていたが、期間を得て軌道にのるという日々家で調教する俗習が身について、
ピアノの調教ってレッスンに通うことが楽しくなってきました。
そうして近所の側も何人かピアノを習っていたので、素晴らしい競争相手ができて日増しに調教に僕が入りました。
人物が遊んでいる間に一所懸命調教するとそれ程上達するし、曲の進み具合も速くなります。
俺はかけっこやおにごっこ、縄跳びなどの屋外でのマッチはまったく禁物だったので
少なくともピアノだけは誰にも負けず、絶対に上手になろうという腹づもりが強かっただ。
家でもエリーゼのために、英雄ポロネーズ、ハンガリー狂詩曲、ショパンのワルツ、マズルカ、
子犬のワルツなどのクラシックの名曲のピアノ曲を積極的に聞きました。
名曲を聞いて良い曲に巡り合うことが、はたして喜びを感じて癒される時期で、くらしで何よりもトップ楽しいことでした。
そうしてアカデミーのミュージックの時間でもミュージック拝観の時間もあり、そこで素晴らしいピアノの名曲に巡り合うって
在宅にその曲があるかどうにかアッという間に確かめ、なければ両親に頼んで買ってもらいました。
そうしていつかはこうした曲をどうしても弾いてみたいという狙いも激しく持てたので、再びいくらでも年々調教に取り組むことができました。
一旦ピアノとともに面白く過ごせた小学生時世は終わりました。
因みに小学生終了時折ソナタアルバム、チェルニー40番、バッハインベンションぐらいまで進んでいました。http://xn--nckg3oobb6742cnlki6mouzjuuo62a.tokyo/